麻布の動物病院の設備について

医療技術は獣医師の腕以外にも、病院のスタッフと設備の状況によっても、ある程度決まります。獣医師の腕は確かでも、医療を支えるスタッフの質や量が不足していたり、必要な医療機器がなかったら、獣医師のすぐれた能力や技術を十分に発揮できません。
麻布動物病院では、スタッフの重要性は格別です。最近、VTと呼ばれる動物看護士の重要性が叫ばれるようになり、獣医師1人の医療形態から看護士を導入する形態に変わりつつあります。専門的な用語でいえば「ツーハンドテクニック」から「フォーハンドテクニック」へということで、1人の手よりも2人の手で、より充実した医療を目指すようになってきました。

具体例をあげれば、レントゲン検査を行う場合、人間の医療ではレントゲン技師が1人いればいいのですが、動物の場合は、麻酔でもかけない限り、ほかに動物を保定する人が必要になります。このような例はほかにもたくさんありますから、獣医師のほかにスタッフが常勤しているのも麻布の動物病院の魅力です。