見つけにくい犬猫のがん、早期症状と検査方法について

犬猫のがんが見つけにくい理由

大切なペットの病気は、できるだけ早く発見して早期治療を行いたいものです。しかし、犬猫のがんは早期発見することが難しく、分かった時には既に末期がんや進行がんというケースも珍しくありません。
犬猫のがんが見つけにくい理由は主に2つあります。まず、大抵のがんは早期に症状がないこと、そして早期がんを見つける検査方法が確立されていないことです。とは言え、がんは早期治療ができれば治癒率が高まるため、できるだけ早くがんを発見できるよう早期症状と検査方法についてあらかじめ把握しておきましょう。

犬猫のがんの早期症状

犬や猫のがんは病気が進行しないと症状が出にくいという特徴があります。体調の変化でがんを早期に発見することは困難で、体調異常が起こる頃にはがんは進行している場合がほとんどです。しかし、がんによっては外見の変化から発見することもできます。乳腺腫瘍では、犬や猫の自覚症状はないものの、皮膚の近くにあるリンパ節が腫れるケースがあり触って確認できる場合があります。乳腺腫瘍は高齢のメスに多く、胸やわきの下などのしこりが確認できる場合には早めに動物病院を受診しましょう。
悪性リンパ腫は白血球の1種のリンパ球ががん化して発生する病気で、皮膚の下にコリコリとしたしこりがある場合は、診察を受けてください。鎖骨の内側やあごの下、わきの下や内またの脚の付け根などにあるリンパ節が腫れるなどの症状が特徴的です。一見すると口内炎に見えるようなただれ、鼻炎のような症状、目の赤みなどががんというケースもあるため、気になる症状は放置せずに動物病院で診察を受けるようにしましょう。

namikawa-ah.jp

がんを発見できる検査方法

症状からがんを発見することが難しい以上、しっかりと定期検査を受けてがんを発見することをおすすめします。がんを発見できる検査方法には、レントゲン検査、エコー検査、CT検査、MRI検査、PET検査があります。
レントゲン検査では、体内の透過写真を撮影し画像の濃淡から異変部位を発見し、エコー検査では、超音波を使って体内の様子を観察し臓器の腫れ具合などから異変を発見します。レントゲン検査もエコー検査もペットの負担は少ないものの、体全体から小さな病変を見分けることは困難です。
CT検査では体の広範囲を一気に撮影して小さな病変部分も確認が可能なものの、全身麻酔が必要な点と、検査費用が高額な点、検査できる動物病院が限られる点でハードルが高い検査と言えるでしょう。PET検査はがんを探すことに特化した検査で、ブドウ糖と同じ性質の薬剤を使ってがんの場所を特定します。早期がんを確実に発見できる方法はないものの、小さながんを発見できる可能性もあるため動物病院での定期検査は欠かさないようにしましょう。