犬と猫の癌について

ペットのワンちゃんネコちゃんが死んでしまう原因として最も多いものが何であるかご存知でしょうか?実は人間と同じく、癌が死因ナンバー1なんです。
一昔前までは犬・猫に癌なんてイメージはなかったかもしれません。しかし近年避妊・去勢手術が定着したことで性ホルモンに関する重大疾患が激減し、長寿化したことも相まって癌を発病するワンちゃんネコちゃんが激増しているのです。
癌の特徴の一つとして、とても苦しみが大きいことがあげられます。癌自体が激しい症状を伴う場合が多いことに加え、抗がん剤や放射線療法は酷い副作用を伴い、外科手術も非常に大きな負担になってしまいます。
もともとワンちゃんネコちゃんは人に比べ寿命がとても短いので、必然的に私たちは見送る立場になる可能性が高いでしょう。しかし可能であればそのような苦しみは味わうことなく、穏やかに天寿を全うして欲しいですよね。
さて、そのために私たちに出来ることはなんでしょうか。それは動物病院に定期的に連れて行き、検診を受けさせてあげることです。
動物は話すことが出来ません。癌はもとより、様々な病気が重症化するまで放置されがちです。特に癌は症状が現れたときには手遅れなケースが多いので、早期発見のためには定期健診は必要不可欠です。
可愛いペットのためを思えばたいした手間でもありませんね。まずは近場で定期健診を実施している動物病院を見つけるところからでも、ぜひ始めてみてください。

参考医院:越谷市のみき動物病院
ペットの病気予防・検査に力を入れている動物病院です。また癌治療も専門的に行うことが出来るので、定期的に検査を行ううことで重大な疾患も迅速に治療することができるおすすめの動物病院です。