動物病院は年々進化中!意外なサービス内容とは?

多様なニーズに対応してくれる動物病院

「動物病院はペットが病気やケガをしたときに行くところ」。そんな風に思い込んではいませんか?
実は最近は、医療機関としてだけでなくさまざまなペット向けサービスを提供する場として、動物病院が進化しているのです。多くのサービスの中でも人気なのが、ペットホテル機能です。
来院する動物の中には、重篤な症状のペットがいる場合があります。また、ケガ自体は軽いものの、治療のために安静が必要だったり特別なケアが必要なケースもあるでしょう。手術を経験した動物の場合、術後の経過観察には気を使います。そんな中で、動物病院のペットホテルに預ければ飼い主にとってもペットにとっても安心して過ごせるのです。動物病院内のペットホテルであれば、いつどんな症状が出てもすぐに獣医師に見てもらうことができます。また、手術痕を舐めたり動かしたりしないよう、獣医師や看護師にケアしてもらえるというメリットもあります。

ホテルだけでなく、こんな機能も

動物病院の中には、意外なサービスを提供しているところが少なくありません。例えば、トリミングやフード、グッズの販売、しつけ教室やペットシッターといったサービスです。また、リハビリや献血、輸血に対応している動物病院もあります。他には、オーダーメイド制の定期健康診断サービスや、各種セミナーなどを開催するところもあるようです。
保護された動物や、やむを得ない事情で飼育が難しくなった動物を対象に、里親探しを仲介してくれる動物病院も増えています。動物病院はペットに医療行為を行うだけでなく、飼い主や地域全体の飼育動物、ペット動物を取り巻く環境などを総合的にサポートする場として進化しているのです。
最近では、院内にカフェや運動スペースを併設し、飼い主同士の交流の場として提供している動物病院も登場しています。飼育に関する悩み相談や地域交流の場として、注目がある待っているようです。

良い動物病院が八千代市にあります

ペットの高齢化も支える動物病院

近年の動物病院の役割は、動物の健康を守ることだけではありません。飼い主へのアドバイスやより良い飼育環境を整えるための働きかけなど、飼い主と動物病院のやり取りも活発になってきています。
社会問題の一つになりつつある「ペットの高齢化」についても、動物病院からの働きかけは欠かせません。寝たきりになったときの対処法や、飼い主とペット双方のストレス軽減に役立つ情報などを提供しているからです。
ペット用の老人ホームや短期利用のケア施設など、高齢ペットの受け皿となる施設を併設する動物病院も増えています。飼い主が一人または家族のみで高齢ペットを飼育し続けるのは大変なことです。ペットの状態によっては、家での飼育が困難な場合もあります。飼い主とペット間の愛情は大切にしつつ、お互いの負担をできるだけ軽くできるよう、動物病院が提供するサービス内容は日々進化しているのです。