動物病院のスタッフについて

獣医師

動物病院で実際に動物の診療や治療などを行うのは獣医師です。国家資格であり、さまざまな分野の専門知識を有していて、動物の病気や怪我を治すことができます。治療をするだけではなく、動物の健康診断をしたり、しつけや栄養相談などに対応したりすることができます。
動物病院にも専門病院が増えていて、皮膚科や外科、歯科など専門科が設置されているケースがあります。それぞれの専門科には、それを専門とする獣医師が所属しています。病院によっては、特定の動物の種類に特化して専門診療を行っている獣医師もいます。

動物看護師

人間の病院と同様に動物病院にも看護師がいます。動物看護師は獣医師が診療をするのを補助するという仕事をします。さまざまなサポートをするだけではなく、受付業務をしたり、入院している動物のお世話をしたりすることもあります。飼い主に診療内容について説明をしたり、処方箋を渡したりするのも仕事です。施設によっては、動物に対してブラッシングをする、歯や爪の手入れをするといった仕事もあります。このように動物病院において動物看護師は欠かせない存在となっています。心を込めて動物の看護をする仕事です。

トリマー

動物病院でもトリミングの仕事をするスタッフが在籍していることがあります。動物病院のトリミングサービスも、基本的には動物の見た目を整えて可愛らしくするのが仕事となります。ただし、治療のためにトリミングをする必要があり、そのときにもトリマーは活躍します。施設によっては看護師とトリマーの仕事を兼任しているケースもあります。皮膚の病気を予防したり治療したりするためにトリミングが行われることもあります。動物の健康にとっても、トリミングは重要な作業となるのです。利用者にとっては、動物の治療を受けて、ついでにトリミングもしてもらえるため、需要があります。

事務受付や用務員

動物病院によっては、事務受付をする専門スタッフを雇っているケースがあります。また、用務員もスタッフとして在籍していることもあります。小さい規模の病院の場合は、これらの仕事を動物看護師が兼任して行っていることが多いです。しかし、大きい規模の病院だと、動物看護師の仕事の負担が大きいため、事務作業などをするスタッフを別に雇っていることがあります。事務受付や用務員といった仕事をするスタッフは直接動物と関わることはありませんが、とても重要な仕事といえます。欠かすことのできない存在です。

さいたま市の後藤動物病院は評判が良いです