ペットを手厚く葬る方法、ペット霊園

可愛いペットとも別れの時は必ずやってくるもの。
とても悲しいことですが、ペットを手厚く供養するのも飼い主としての最後の責任です。
気持ちさえあれば弔い方に貴賤はありません。
しかし、最近では人間と同じように供養してあげたいという想いから、ペット霊園を利用する方が増えています。

ペット霊園とは、その名の示す通りペット専用の霊園の事です。今までは、墓地の片隅に埋葬されていましたが、需要の増加にともないペット専用の霊園が登場しました。

ペットの遺体を処理する方法はいくつかありましたが、「自宅の庭に埋める」だとご近所に腐敗臭で迷惑をかける事も考えられ、「生ゴミとい一緒に捨てる」だと今まで家族の一員だった愛するペットの遺体を生ゴミ扱いするのは気がひけますし、自治体に処分してもらうと遺灰も返してもらえない所もあり(他の動物と一緒に火葬する)、私有地以外に埋葬すると「不法投棄」となってしまいます。そこで、登場したのが「ペット霊園」です。

長年連れ添って、飼い主に笑顔をもたらしてくれた存在であり、愛する家族の一員でもあるペットを丁重に弔いたいという人が増えてきています。また、ペットと一緒に入れるお墓も近年登場してきており、ペットと一緒のお墓に入れたいという人の需要に答える霊園も増えてきています。なかには、動物と一緒の墓地なんかイヤだという人(自分でペットを飼っていない人)もいるので、区画を分けて対応している所が多いそうです。

ペット霊園を利用する背景には、細かな違いこそあれ、根底ではとにかくペットを丁重に弔いたいという想いがあるようですね。東京のペット霊園のように、定期的に法要を行ってくれるところもあるので、そのような霊園を利用すると良いかもしれません。